camera

ドローンに搭載されたカメラユニットにより赤外線画像による不具合箇所の検出+可視光画像を目視で確認

飛行中のドローンがコンクリート製の構造体・建造物面の不具合箇所を余すことなく全方位に亘って撮影検出することが可能な検査解析システムです。


pro2

地上に設けられたグラウンドステーションで上空のドローンから赤外線データ+可視光画像データを解析

受信した探査映像はリアルタイムでグラウンドステーションのディスプレイに表示させることが可能です。


zoom

赤外線カメラとHDカメラを搭載したドローンにより、上空から不具合箇所を検知し検出された箇所を表示

広大な壁面や、高層ビル、長距離に亘る橋脚・橋梁、高層ビルなどの巨大コンクリート製の構造体・建造物では、不具合箇所に作業員や修理機材を到達させるだけでも大掛かりな作業であり、不具合箇所の位置特定に少しでも誤りがあると膨大な時間と費用を浪費する事態となります。


pro4

ドローンに搭載された赤外線カメラをコンクリート製の構造体・建造物に対して一定の角度に保った状態で撮影検知することが可能

飛行制御システムは、ドローンの航路や高度と飛行角度を制御する装置であり、ドローンとコンクリート製の構造体・建造物との距離または角度を一定に保つことを可能としています。飛行制御システムは、探査するコンクリート製の構造体・建造物の調査対象となる範囲を安定した飛行状態で探査することが可能です。


pro5

どのような規模の構造体・建造物であっても、ドローンと構造体・建造物の距離を一定に

ドローンに設けられた飛行補正装置は、超音波センサおよびレーザからなり、飛行中の周囲の障害物とドローンとの距離を常に計測することにより、安全に航行することを可能としています。


pro6

飛行制御不能など不測の事態が発生したときにパラシュートを自動展開することにより不時着現場とドローンの両方を保護することが可能

パラシュートは僅か0.5秒で開き、パラシュートが展開されると同時にモーター電源をOFFにする機能や、リモートコントローラーにて手動でもパラシュートを展開できます。


本体

skypro

1,700,000~3,500,000円(税抜)
※カメラの性能によって金額が異なります。
付属品等に付きましてはお問い合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ