建物のメンテナンスにはドローンを使った検査が最適!?

drone0122
ドローンは空を飛ばせることから、様々な角度で建物を撮影することができます。屋根だけでなく、高層建築物の外壁などを調査しやすいのが特徴です。
赤外線を利用したサーモカメラなど、特殊用途のカメラを積むことで、人間の目ではわからない建物の異常を発見することも可能です。特に高い場所を調べるときは、人間が調べようとすると足場を組むコストや建物を傷つけるリスクなどが生じます。人手の確保や資材のレンタルなど、様々な手配が必要になりますし、大規模な調査であれば事故を防ぐための安全計画の策定など、様々な計画を立てる必要があります。そのため、準備期間や費用が膨らみがちです。

しかし、ドローンを使ってチェックを行えば、点検項目を減らし大幅な費用の節約が見込めることが多いのです。

建物の規模が大きい場合は費用の節約効果がより顕著になります。また、短時間で複数の建物をチェックすることも可能なため、分譲住宅など広い範囲の建物を一度に点検する事も出来ます。大規模な太陽光発電施設の定期点検にドローンが活用されるなど、設備メンテナンスに活躍する企業や調査会社は増えているのです。

費用を安くするメリットは、定期点検の頻度を増やすことにも役立ちます。外壁や屋根は一部が痛むとその部分から老朽化が一気に進んでしまう事があります。壁の剥離による落下など、事故が起きた際の管理責任が問われるケースもあります。初期段階で異常を発見できれば事故を未然に防ぐだけでなく、修復費用を安くするためにも役立ちます。
地震や台風などの自然災害があった後は、建物の損傷が起きる可能性が高まります。行政がチェックしてくれないこともあるからこそ、自衛のために確認した方が良いこともあるのです。
建物のメンテナンスのドローン活用は、マンションなどの不動産投資をしているオーナーや、大企業だけでなく個人が利用する事も可能です。普段チェックを行わないからこそ、しっかりと確認しておくのもおすすめなのです。

ドローンについて詳しく話を聞きたい方はこちらからお問い合わせください。