【世界初】NTTが『浮遊球体ドローンディスプレイ』を発表

drone-display

NTTドコモが世界初(2017年4月16日時点・ドコモ調べ)の全方位に映像を表示しながら飛行ができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表されました。
発表:NTTドコモ

『浮遊球体ドローンディスプレイ』は、環状のフレームにLEDを並べたフレームの内部にドローンを搭載したもので、LEDフレームを高速に回転させながら飛行し、回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができます。

同製品を生かして、コンサートやライブ会場では、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となる見込みです。

4月29日(土)より幕張メッセで開催される『ニコニコ超会議』の『NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017』への出展が決定しているます。

浮遊球体ドローンディスプレイの映像を『ガジェット通信』が公開していました。