水中型ドローン「PowerRay」が日本でも販売予約開始!


先日、5/18に尖閣諸島沖で1機のドローンが飛行していたことを巡り、 航空自衛隊がF15戦闘機を緊急発進させるという事態が起こりましたね。
ドローンの飛行禁止区域での飛行は、時にとんでもない事件に発展します。

このように、一挙手一投足が注目されるドローンですが、水中にもドローンが進出してきました。
中国のPowerVision社が、水深30mまで動作可能な水中型のドローン「PowerRay」を5月16日より予約販売を開始しました。

ドローンと言えば、空中を飛行するイメージが強いのですが、

無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称
[引用]weblio

ですので、無人で遠隔操作できる水中型のドローンもあるというわけです。

「PowerRay」は、100%防水仕様、操水深30m、4時間まで操作が可能。スマートフォンと連動し、水中の様子をスマートフォンで確認しながら操作が可能です。

水中の魚の様子などをリアルタイムで楽しむことができそうですね!

3つのパッケージが用意されており、

  • 168,000円(税別)
  • 208,000円(税別)
  • 218,000円(税別)

5月16日より日本での販売予約が開始されています。

また、使用する際は、水中ドローンの規制もしっかり把握することが必要ですね!