京都御所で無許可でドローン飛ばし書類送検

京都御苑(京都市上京区)で無許可で小型無人機「ドローン」を飛ばしたとして、京都府警上京署が、航空法違反(禁止空域の飛行)容疑でカナダ国籍の無職女性(24)を書類送検していたことが20日、同署への取材で分かった。女性は容疑を認め、「規制されているとは思わなかった」と供述しているという。

書類送検容疑は、8月23日午後2時25分ごろ、住宅密集地でドローンの飛行が禁止されている区域内の京都御苑の敷地で、許可を受けずに約2分間、ドローンを飛ばしたとしている。

同署によると、京都御苑では今年、無許可でドローンを飛ばしているとの通報が10件寄せられた。大半が外国人といい、同署では近く、別の日にドローンを飛ばしたスペイン人男性2人とイギリス人夫婦も書類送検する方針。
引用:産経WEST

ドローンを飛ばす為に知っておきたい法律・認可・規制

ドローンの飛行可能地域の確認については、国土地理院が提供している「地理院地図」を参考にしてみると良いでしょう。

また、9月12日より
無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドラインが改定されているので、ドローンの飛行予定がある方は、必ず目を通しておきましょう。