トランプ大統領がドローン商用利用の規制緩和を促す大統領令にサイン

米国時間10月25日、米国のトランプ大統領がドローンの商用利用を促す大統領令にサインした事が報じられた。

今回の大統領令は、

州政府および地方自治体に対して、米連邦航空局(FAA)のテストプログラム承認を得るにあたり、迅速なテスト実施と利用拡大を目指すよう促している。
引用:bloomberg

現状、米国では、人の頭上での飛行や夜間飛行、長距離飛行、荷物を搭載した飛行が制限の対象となっているが、
AmazonやAlphabet(Googleの親会社)といった名だたる企業が、ドローンを活用した配送技術の開発に着手しており、今回の大統領令でドローンの開発・運用をさらにスムーズに行う狙いがあると考えられている。

日本でも、ドローンを活用した配送制度の規定作りが進められている。

日本のドローン規制緩和の動き
臨時閣議で決定!ドローンを利用した配送は来年から実施?
ドローンの長距離飛行に関する規定改訂する方向で決定!
国土交通省発表!ドローン操縦士の管理団体にDPA、民間講習団体にスカイロボット

また日本代表する企業、楽天とローソンが共同で「からあげクン」をドローンで配送するという実験も行われています。

米国の動き次第では、日本でもドローンが生活に浸透するのが早まるかもしれませんね。